コロンブスが「新大陸」(Cuba)探検から持ち帰った物の中で葉巻があります。 葉巻とは言っても当時の葉巻は現代の物とは違い、何層にも重ねたタバコの葉を緩く巻き、紐で縛っただけのものでした。当時のスペイン人貴族達は、このエキゾチックな舶来物の葉巻を好みました。しかし、葉巻は高価で手に入れるのは難しく、極少数のお金持ちだけが楽しめたものでした。

庶民がこの珍しく貴重なタバコを吸うことが出来る唯一の方法は、貴族達が捨てた葉巻の吸殻を拾い集めることでした。その葉巻をばらしては、新聞紙などの紙で巻き直し吸っていました。これでさえも貴重だったのです。そこで庶民たちは、たばこを肺に深く吸いこんで出来るだけ溜める、という吸い方をしました。これがシガレットの起源です。

しかし当時の新聞紙のインクには鉛など重金属が含まれていて、新聞紙でタバコを巻いて吸うのはとても有毒でした。そこで新聞紙に取って代わるもっと体に良い、喫煙専用の紙(ローリングペーパー)が作られました。

Alcoy(アルコイ)は当時スペインの紙産業の中心で、Alcoyのいくつもの工場がローリングペーパーを専門に作り出したのは自然な成り行きでした。

発売当時の「ローリングペーパー」は、大きいシート状の紙で、喫煙者が自分で手ごろな大きさに切って使用していました。しかし、1800年頃にドミニカの神父、(Jaime Villanueva Estingo)が世界で最初のブックレット型ローリングペーパーを開発した事で、全てが大きく変わりました。

1815年になるとAlcoy でブックレット型のペーパーが生産、販売され、ローリングペーパー産業の中心地となりました。興味深い事に、1866年から施行されたスペインの商標登録のうち、最初の10件はローリングペーパーの物だったようです。

ところで、何故ローリングペーパーが真っさらな白なのかご存じですか?当初ローリングペーパーは「Higienico」(衛生的、清潔な)と銘打って売られていました。なぜなら、それまで喫煙に使われていた古びた新聞紙や排紙など、有毒な薬品や重金属を含んだ紙と差別化を図るために、紙が清潔であるということを印象付ける為に漂白され、白色にされたようです。

Raw Rolling Papers
Age Authentication

The contents of RAWTHENTIC website is intended for persons aged over 20.

年齢認証

この先は、たばこに関するコンテンツが含まれています20歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

X